医師

少女マンガの女王から学ぶ美容と健康

最近、一条ゆかり先生の食生活のエッセイマンガの本を購入しました。この本はだいぶ前に単行本で出ていて、そのときも買いましたけどその後で処分して、手元にありませんでした。今回買ったのは文庫版です。文庫版には単行本にないコメントがついていておもしろいですが、単行本を持っている人ならそれで充分かなと思います。
以前読んで捨てた本を、なんでまた手に入れたのかというと、この本は私にとって美容と健康の基本だと気づいたからです。この本には美容や健康のために何が大事かが書かれています。そういう地道な本です。なので少女マンガの女王のゴージャスさを期待する人には、あまりおもしろくないかもしれませんけど・・。
私はこの本でコラーゲンの大事さを知りました。たんぱく質なのでお肌や髪の毛にいいとか、そのコラーゲンをおいしく食べる方法も載っています。何時間も煮込まないといけないのでまだ作ったことはないですけど、とてもおいしそうです。それがめんどうならゼリーの素のゼラチンでもいいみたいです。
それと血のめぐりと運動、これらがとても重要です。一条先生の”おけつ取り”(血の中の不要なものを取る)は、マンガで見ても怖いです。血がちゃんと体を循環することが、健康だけでなく美容にも大事です。これらのことをこの本で学びました。

TOP